STUSSY - ASSC Plain Sight Yellow Hoodie MEDIUM

「来店目的」を増やすことが最大の売上対策

第67回ムサシ 草刈機 ムサシ 伸縮式ガーデントリマーP-230

Yourvalues Shower Lightweight Slippers for Women Open Toe Bathroom Sli

超格安一点 Supreme - フランネルシャツ Shirt Flannel Tartan Supreme シャツ
超格安一点 Supreme - フランネルシャツ Shirt Flannel Tartan Supreme シャツ
fab7457db12747188d64dbd4f78d95ed-29524-5LU
7,200円 12,000円

商品説明

Supreme Tartan Flannel Shirt 20FW
新品
タグ付き
レシートコピー付けます

商品情報

カテゴリ メンズ
› トップス
› シャツ
ブランド Supreme

ピクニックバスケット CH-706〔代引き不可〕 トレード

日本全国での展開を計画している「アマゾンハブ」は、2つの受け取り方法があります。アマゾンで注文した商品を無人で受け取る「アマゾンロッカー」方式と、受け取りカウンターで人を介して商品を受け取る方式です。

アメリカでは2012年頃からアマゾンハブの導入が進められています。アメリカの「セブンイレブン」、DgS(ドラッグストア)の「ウォルグリーン」、スーパーの「セーフウェイ」などの店内にアマゾンロッカーが設置されています。

5年ほど前にニューヨークのマンハッタンにあるアマゾンロッカーを設置したセブンイレブンで話を聞く機会がありました。店のマネージャーによれば、ロッカー設置店舗は未設置店舗よりも客数が多く、ロッカー利用者の60%は店舗で買物し、店舗だけの利用者と比較して客単価は2倍にもなるそうです。

協和 耐熱・耐薬品用ガラスパイプ式オイルゲージ ( KLPC-100G-M12 ) (株)協和

つまり、アマゾンロッカーに商品を受け取りに来ることで、客数が確実に増えます。また、来店客の60%は店内で衝動購買し、店舗だけの利用者よりも買上点数が多いので客単価が高い優良顧客です。この3つが、アマゾンロッカーを設置したリアル店舗のメリットです。

オンライン注文→店補受取で客数と客単価を増やす

ニッペホームプロダクツ(日本ペイント) - 水性シリコン外かべ用 8kg - ホワイト

ソリッド10 Kホワイトゴールドブルヘッドペンダントネックレス

PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Voyager Legend (充電ケース付)

既存店の売上(客数×客単価)を増やすためのひとつの方法が、地域に暮らす生活者の「買物目的」を増やすことです。アマゾンロッカーを設置することも、来店目的を増やす手段のひとつです。さらに、重要なことは商品を受け取りに来店したお客の「衝動購買」を誘発し、買上点数を増やすことです。

「BOPIS」という新しいサービスを拡大することで、アメリカの「ウォルマート」は、新店をつくらないで既存店の売上を4%も増やしました(2019年決算数値より)。BOPISとは、「Buy Online Pick-up In Store」の頭文字をとったものです。スマートフォンで注文した商品を、お客が店舗で受け取るサービスです。

送料・関税込み★SKAGEN AAREN KULOR シリコン unisex 腕時計

防寒コート Asahicho 旭蝶繊維 コート 68700 作業着 防寒 作業服

また、アマゾンロッカー同様に、BOPISで来店したお客の多くは、店舗でなんらかの商品を購入するそうです。ウォルマートの「ピックアップタワー」(オンラインで注文した商品を無人で受け取るタワー)の近くには、衝動購買を誘発する商品を陳列する売場を設置しています。

ビーズソファ/ビーズクッション スクウェア グレー〔代引不可〕
ウォルマートのピックアップタワー。全店導入も間近。

日本もこれから人口が減少し、オーバーストアによって1店舗当たりの商圏人口は減少していきます。「買物目的を増やす」→「客数を増やす」→「衝動購買で買上点数を増やす」ことに貢献する店舗受け取りサービスを提供することは、狭小商圏で売上を増やすための重要な選択肢だと思います。

【返品OK】グッチ サングラス アイウェア レディース 56サイズ ブラウン ブラック アジアンフィット GUCCI GG0850SK 003 ボストン

カクダイ 祥竜 吐水口 龍 700-751

日野眞克★VIP★関税補償【DIOR】Oblique Track Shorts

株式会社ニュー・フォーマット研究所代表取締役社長。月刊『マーチャンダイジング』主幹を務める。株式会社商業界の「月刊販売革新」編集記者を経て、1997年に独立し、株式会社ニュー・フォーマット研究所を設立。

BLOG.ORTHOPUS.COM RSS